OEMメーカーの仕事

化粧品会社の大半はOEMメーカーで化粧品を製造しています。そこで製造された商品はOEM化粧品と呼ばれています。製造だけでなく、デザインなども製造メーカーに依頼するならODMと呼ばれるようになります。

製造8

地域活性化のため

ご当地キャラが話題になっているのを見ても分かるように、それぞれの地域に根ざした商品開発が盛んです。地域の特徴を活かした素材を活用した化粧品を「ご当地商品」として製造するという動きも高まっています。

製造10

毎日使うからこそ

女性にとって、毎日つかう化粧品。そんなアイテムだからこそ、高品質なものが求められます。実際の製造を手がけるOEMメーカーでは、安全でかつ美容効果の高い化粧品を完成させるべく、日々研究に取り組んでいます。

握手

化学の結晶

製造9

化粧品のOEM製造は会社選びが大切です!しっかりと会社の情報を調べた上で依頼する事をオススメ致します!

化粧品の製造を考えている方はコチラに相談しよう!ニーズに応える企画力で熱心にサポートしてくれますよ!

高級ブランドが発売している化粧品であればあるほど、化学は高くなります。その一方で、のブランドの化粧品は価格が安いのが一般的となっています。この違いはどこにあるのでしょうか。主に製造過程に違いが見られます。高級ブランドの化粧品は、企画段階から自社で計画を出ることが多くなります。そうなると、多額の人件費が必要となります。化粧品の担当者を雇う必要が出てくるからです。一方で、製造を代行してもらう方法ですと、製造過程の人件費を持つ必要がありません。化粧品の企画は行ったとしても、製造そのものについては請負企業に任せてしまうのです。この製造プロセスをOEMと呼びます。今後、OEMで製造される化粧品が、価格の安さから人気を呼ぶことが予測されます。

化粧品を購入する場合、パッケージの裏側に書かれている表示成分をよく確認するようにしてください。商品によっては、異なる商品であっても同じ成分であることが多くなります。例えば、異なるブランドのファンデーションのパッケージを比べてみてください。時々、表示成分がすべて同じであることがあります。もちろん、その両者に機能の違いはありません。どちらを利用したとしても化粧品としては優れています。異なるのは価格です。一方の商品が安い場合があります。その安い方の商品は、OEMで製造されている可能性があるのです。OEMとは製造を委託する方法なので、化粧品メーカーがコスト削減のためにしばしば採用する製造方法なのです。